テーマ:法律問題Q&A

親子でなくても「親子関係」は否定されない?DNA鑑定と民法上の嫡出推定の関係について

Q 平成26年7月17日に出された最高裁判決によれば、DNA鑑定によって生物学上の父親でないことがはっきりした場合でも婚姻中に妻が妊娠した子であれば夫の子である(嫡出である)ことが推定されるので夫と子の親子関係は否定されないことになりますが、生物学上の親子関係と法律上の親子関係に食い違いが生じてしまいませんか? A DNA鑑定の結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

課徴金と罰金はどう違う? 課徴金と刑罰の併科と「二重処罰の禁止」について

Q 商品やサービスの偽装表示の問題について、先日、内閣府の消費者委員会から景品表示法を改正して課徴金を導入すべきとの意見が出されました。また、インサイダー取引やカルテルなどの違法行為につき課徴金納付命令が出されたというニュースも時々耳にします。そもそも課徴金とはどのようなものですか。罰金とはどう違うのでしょうか? A 課徴金とは、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暗号化ソフトの脆弱性を狙ってサーバーに不正に侵入して個人情報を流出させるのは何罪になる?

Q 先日、三菱UFJニコスのWebサービスに対してオープンソースの暗号化ソフト「OpenSSL」の脆弱性を狙った不正アクセスがあり、同社のクレジットカード会員894人分の個人情報が流出した可能性があるとのニュースがありましたが、こういう行為をするとどのような罪になるのでしょうか? A 本件ではOpenSSLを利用しているサーバーに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で懲罰的損害賠償は認められる?

Q アメリカ合衆国ルイジアナ州ラファイエット連邦地裁での武田薬品工業と米イーライ・リリーに対する製造物責任訴訟において、両社が糖尿病治療薬「アクトス」に関する健康上のリスクを隠していたとの評決がなされ、両社に計90億ドル(約9300億円)の懲罰的損害賠償が命じられましたが、日本でもこのような懲罰的な意味合いでの損害賠償が命じられることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の不正競争防止法とアメリカ経済スパイ法はどう違う?

Q 東芝の元社員が韓国のSKハイニックス社に半導体メモリーの研究データを漏えいした事件が話題になっていますが、海外企業に技術情報などを漏えいする経済(産業)スパイ行為は、国内での営業秘密の漏えいよりも罪が重くなるのですか? A 日本の不正競争防止法では、営業秘密の不正取得行為等の「不正競争」行為について、10年以下の懲役、1000…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more